気になるのどのつかえ感や違和感。
咳払いしてもすっきりしない
違和感の原因は?

風邪かなと思っていた「のどの
違和感」。疲れやストレスがた
まった時に出ていませんか?

のどに何かがつまっているような感じがしたり、嫌だなあと思うと、のどのつかえ感や吐き気を感じたり、緊張したときに声が出にくかったり…
こんな症状が気になっていませんか?
風邪薬を飲んでみても、のどスプレーやのど飴を使ってケアしてみても、なかなか改善しないのどの違和感って不安ですよね。

責任のある仕事をまかされてプレッシャーに潰されそうになったり、家事に育児にパートにと一日中バタバタしたり、職場やママ友の人間関係で気を使ったりと、毎日本当に大変なことばかり。

風邪のせいでもない、正体不明ののどの違和感は、そんな積もり積もったストレスが原因かもしれないのです。

その症状は漢方の世界でいう、
ストレスから来る「気」の滞りかも

漢方の基本的な考え方である「気」「血」「水」。このバランスが乱れると、不調や病気が起こると考えられています。
「気」とは元気や気力の気。からだの中をめぐる生命エネルギーのことをさします。

通常、「気」はからだの中をスムーズにめぐっていますが、ストレスがたまると「気」が滞り、いろいろな不調を引き起します。
そのよくみられる症状のひとつとして、のどのつかえ感や違和感があります。

「ストレスとは無関係」と思っている人ほど、実はストレスを抱えたまま走り続けてしまいがち。
もし、のどのつかえ感や違和感を感じていたら、それはストレスがたまっているサインかもしれません。

のどのつかえ感や違和感に効く
おくすりがあります

ストレスから来るのどのつかえ感に悩むあなたに試してほしいのが、武田コンシューマーヘルスケア株式会社の「ストレージ タイプH」です。
「ストレージ タイプH」に使われている「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、ストレスなどによって起こる「気」の滞りを改善する代表的な漢方薬。
「気」のめぐりをよくすることで、のどのつかえ感がいつの間にか気にならなくなります。