お腹がゴロゴロ…。
緊張や不安で
お腹の調子が悪くなる?

緊張や不安を感じると、
よくお腹がゴロゴロしたり、
ゆるくなったりしませんか?

しばらくトイレに行けないと思うと、不安でお腹の調子が悪くなる。通勤電車に乗ると下痢になりやすく、毎朝不安でしかたない。人知れず、こんな症状に悩んではいませんか?

会社では上司と部下に気を使い、求められるレベルもますます高くなる。家事、育児、介護・・・抱える問題は年と共にだいぶ重く、フクザツになっているはず。まじめで人一倍責任感の強いあなたは、なにごとにも一生懸命なのではありませんか?

緊張や不安で下痢になる、このやっかいな症状は、そんなあなたが日々感じているストレスから来ているのかもしれません。

心の状態と胃腸は
密接に関係している!?

胃腸は、脳と密接に関係している器官。ストレスが脳に伝わると自律神経の働きが乱れ、自律神経によって支配されている胃腸は様々な不調を起こします。胃腸と脳はストレスの影響を非常に受けやすいのです。

漢方の世界では、心と体は別のものではなく、お互いに強く影響し合っていると考えます。この考え方が「心身一如(しんしんいちにょ)」です。

ストレスが原因で起こる胃腸の症状には、心と体を同時に治療する漢方の「心身一如」の考え方が適しています。
漢方薬はその考え方にもとづいて処方されているので、心身両面からさまざまな不調を改善するちからがあるのです。

下痢・軟便だけでなく、
原因となる緊張や不安な気持ちにも
効くおくすりがあります

ストレスが原因でお腹の調子が悪くなりやすいあなたにおすすめなのが、武田コンシューマーヘルスケア株式会社の「ストレージ タイプG」です。

このおくすりに使われている「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」は、胃腸の働きをよくしたり、不安な気持ちを改善する働きのある7つの生薬が配合された漢方薬。

「半夏瀉心湯」の「心」には、みぞおちの周辺を表わす「心下」の「心」と、メンタル面を表わす「心」という意味があり、「瀉」には「取り除く」という意味があります。つまり、「瀉心」は両方の「心」を同時に改善するという働きを表わしています。

そのため、「ストレージ タイプG」は胃腸の働きを整えるだけでなく、その原因となる緊張や不安な気持ちにも効くのです。
体質から改善するので、下痢や軟便になりにくくなります。

緊張や不安で、お腹の調子が悪くなりやすいあなた、さっそく試してみては?